やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

新聞記事・社会・政治

改正水道法成立に伴う民間への運営権売却に反対する

12月8日(土)の読売新聞の社説「改正水道法成立」を読んで、ネットやらニュース報道やらで、調べてしまった。 驚いたことに、宮城県で上下水道と工業用水を一括したコンセッション方式(自治体が運営権を民間に売却する方式?)の導入を検討しているとの…

パワハラ元職員の叙勲

新聞見て驚いた。 僕とは、他の職場ではあったが仕事に厳しかった方と言われていた方が叙勲していた。 その厳しい内容が実にくだらない内部文書の「てにをは」直しと、実現不可能の無理難題を部下に押し付け、結局、部下職員の多くが協力して、自腹を切って…

米国とトルコの関係悪化に伴うリラ安で外貨預金で踊らされる

なにを血迷ったのか、今、外貨預金なるものを始めて2カ月経った。 お小遣いの程度ということで、月1万円くらいで、と軽い気持ちだったら、「南アランド」の高金利にそそのかされ、家計に手を付け、あれよあれよと20万円くらい外貨に換えてしまい、反省し…

明らかに過労だけど、休めない

4月から6月まで、恐らく、月100時間を超える残業を強いられている。 全ては、前任者の職務の怠慢・放棄と、虚偽の書類の是正作業だ。 勤務先からは、手当は、90%くらい付けてくれているけれど、僕と一緒に作業にあたっている上司に、とうとう「もう…

内部告発は防げない!

今、社会では、「森友学園への国有地売却に関する決済文書を財務省が書き換えた問題」が大きく取上げられているけど、おそらく端緒は、内部告発ではないだろうか? 以前、勤務していた職場では、同業者で、内部告発により刑事事件になり逮捕者まで出す騒ぎに…

読売新聞記事『「男女不平等」幸せですか』の感想

僕(男性)としては、今の社会は、男女不平等になっていると思っている。 そして、経験上、どちらかというと、男性の方が不平等(負担を強いられているよう)に思える。 僕が経験した仕事で感じたことは、医療や介護の業務ではなく、「糞尿」を扱う仕事は、…

東日本大震災での住宅復旧事業が滅茶苦茶

仕事の関係で、東日本大震災の住宅復興関係の事業がおかしなことになっていると聞こえてきます。 震災関係で仕事をもらっている我が身としては、なんとなく分かる話です。 それが、ラジオで堂々とデタラメな話をしているというのだから、スゴイ。 なんでも、…

国の借金と仮想通貨

2月9日のネットでの毎日新聞社の報道によると、国の借金が2017年末で1,085兆円で、国民一人当たり858万円とのこと。 今回は報道されていないけど、地方公共団体や外郭団体も借金をしているハズだから、さらに借金額が上乗せされると思う。 僕が、分らない…

人に流されて行動してしまった 1

自分の気持ちとは別に、人の勧めや誘いにのって、「うっかり」行動してしまい、少し落ち込んでいる。今は、そんな状況です。 つまるところ、優柔不断であり、「自分で決める」という経験が乏しいまま、ぼんやり過ごしてしまい、「小さな出来事」と自分に言い…

「ポルノ記事」強し!

読売新聞の児童ポルノ記事について、ブログに感想を書いたら、全体として見てくれている方は少ない中で、そこだけはそれなりにアクセスがある。 やはり、太古の昔から遺伝子に受け継がれている本能に訴える部分は、抗いようがないと思う。 経験的に、媒体ポ…

西宮市の今村市長の読売新聞記者への暴言について

いかなる者も暴言は良くない。 公職にあって、かつ、要職にあるものはなおさらだ。 しかしながら、今回の今村西宮市長が読売新聞の記者に「殺すぞ」と暴言を吐いたその経緯を知ってしまうと、「良くない」とは思いつつも、「よくぞ言った!」という感情が湧…

読売新聞記事「児童ポルノ7200人購入名簿」

年初めの、1月1日の読売新聞記事に児童ポルノ単純所持で摘発されたと報道された。 僕は男性だから、なんとなく、単純所持したいという欲求は理解できる。成人アダルト映像と同じだ。 昔、知人と酒を飲んでいて、「幼い我が子の着替えを手伝っていたら、そ…

企業の改ざん問題を報じる朝日新聞やテレ朝に呆れた

神戸製鋼、日産自動車、スバル、東レで改ざん関係の不祥事が相次いでいるが、それを報じる朝日新聞や系列のテレ朝が、いかにも正論ぶっているけど、朝日新聞の従軍慰安婦問題と比べれば、社会に与える大きさや、経済的損失は、たいしたことないと思う。 朝日…

座間市9遺体事件を知り凄く気持悪くなる。

心が弱った人たち次々と殺害していく。 そして、犯人の白石は、おそらく、恍惚感を味わって、満足している。 僕は、この手の犯罪が、凄く、凄く、凄く、凄く、凄く、許せない。 心が弱った人と知り合ったら、医療機関や、行政に繋ぐ。 これしかないと思う。 …

今は経済が良くて当たり前

景気については、いろいろ言われているけど、だいたい、第1次ベビーブーム世代が20歳代前半のときに景気がよくて、次に第2次ベビーブーム世代が同じく、20歳代前半のときに景気がよくなっていたように思う。 ということは、今は、第2次ベビーブーム世…

消費増税の使途によっては、年金が犠牲になる?!

衆議院選挙の関係で、消費増税分の使途が議論になっているが、自民党、公明党においては、民進党の主張だった「子育てや教育などに重点配分する」を取込み、声高に訴えている。 それで、具体的にどんなことをするのだろうか? 今は、少子高齢化で、子どもの…

民進党は情けなく、自民党にはガッカリ。

衆議院が解散され、事実上、選挙向けて慌ただしい。 中でも、民進党における動向には、残念でもあり、情けない。 それは、安易に、希望の党と合流しているように感じることだ。 今まで、野党として、与党との対決時における議論や、党首を選ぶ過程での議論は…

米国トランプ大統領の国連演説に好感を持った。

米国トランプ大統領の国連演説で、北朝鮮に関して、キム最高指導者を「ロケットマン」と言ったり、横田めぐみさんの拉致問題を取り上げたりして、批判をした。また、また自国第一主義を主張した。 へんにまどろっこしい表現はなく、直接的に伝わって好感を持…

読売新聞記事「「ワンオペ育児」読者からの反響」を読んでの感想(不満)

2017(平成29年)8月19日(土曜日)の読売新聞朝刊に、『「ワンオペ育児」読者からの反響 ママ孤立 相談相手欲しい」の記事を読んでイヤな気分になった。 要するに、「夫(男性)は、育児を妻(女性)に任せきりで、ほとんど協力してくれない。「イ…

NHKスペシャル「戦慄のインパール」を見て

昨日は、8月15日の終戦記念日で、NHKスペシャルで「戦慄のインパール」という番組を放送していた。 作戦の無謀さと、兵隊の命を軽く扱う司令官、そして仲間を見捨て、見殺しにして生きてきたことへの、残酷、くやしさ、憤り、無念といった言葉では到底…

市民団体の自分勝手(エゴ)

仙台駅近くの大きな通り(名前は知らない)の中央分離帯にあった立派な街路樹が無くなっていた。 伐採されていたようだ。 東北大農学部の歩道に面した桜並木が伐採されていた。 どうして、騒ぎにならなかったのだろうか? 確か、仙台市の市長が梅原さんだっ…

新聞記事「子どもの貧困 依然深刻」について

今日(8月13日(日))の読売新聞朝刊に「子どもの貧困 依然深刻」との記事があった。 この内容は、定期的に載っているようで、いつも同じ内容のような感じがする。 つまるところ、「シングルマザーの子育てはたいへんで、子どもは、貧困状態にあることが…

読売新聞の加計学園報道に関しての気味悪さ

平成29年6月3日(土)の読売新聞朝刊で「次官時代の不適切な行動 報道すべき公共の関心事」として、なぜ、法に触れてもいない前文部科学省事務次官のプライベートの「出会い系バー」通いを悪しき事として記事にしたかを説明していたが、読んでいてすごく気…

読売新聞にガッカリ

よくコンビニで読売新聞を買って読んでいる。 今日も買って読んだんだけど、昨日まであった一連の加計学園の記事はなかった。 どうしても、法に触れてもいない、そして、今、公職に就いていない人物の個人攻撃している記事に嫌悪を覚える。 読売新聞社自身が…

生活保護スタッフジャンパーについて

生活保護の不正受給を防止すべく、自費で過激的表現でかつ、失礼とも受け取れる文字表現のあるスタッフジャンパーを作成して着て職務にあたっていて、いたことがマスコミから強く非難されているけど、マスコミの報道が過激すぎ。 悪意で、不正受給しているな…

豊洲問題の100条委員会だっけ?

石原元知事の言い分に賛成だね。小池さんは築地の代替え案を示しなよ。 アラ探しや、妬みばっかりで本当に嫌になる。少しでいいから、将来に希望や、夢を見させてほしい。石原さんは見させてくれたし、実行もした。東京マラソンや、オリンピックもそうだろう…

SMAPの解散騒ぎで思うこと

僕は、解散しないでも、一部のメンバーが脱退するのは、有だと思っている。 どんなに恰好がよくても、一人を除いて、40歳過ぎたオッサンには変わりない。 歳相応の生き方というのがあると思う。 いつもでもつるんでいないでさ、自分だけの人生を創造しても…

フードバンクの報道に接して感じること

テレビで経済的に困窮している子供たちに食事を提供するフードバンクについて報道されていた。 他のメディアからのソースもあわせて、総合的に思うに、離婚などによるシングルマザーとなり、経済的に困窮し充分に食事をとれない子供も相当数いるから顕在化し…

公務員とかの退職金制度は、社会を歪めていないか?

公務員とか退職したときにもらえれる退職金は魅力だけど、重過失で懲戒免職になるともらえないらしい。 退職金の算定は、勤務年数に応じて増える仕組みになっているようである。 その勤務時に重過失があった場合、過去に、いわば積立てたように見える部分も…

「吃音」の新聞記事について

読売新聞の読者投稿欄に「吃音」の記事があった。 投稿者の辛さが分かるとともに、現在の行動の前向きさにエールを送りたい。 僕も、苦情などの電話対応の仕事をしていたときに、言葉が出づらい症状があらわれ、本当に辛かった。 相手の方に失礼な感じを与え…