やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

日記・エッセーなど

「レストラン高砂」で食事した(宮城名取市増田)

昨日(9月15日)の昼、宮城県名取市の国道4号線下りの道路沿いで増田川に架かる橋のたもとにある「レストラン高砂」で食事しました。 この店は、その年季の入った古びた趣のある佇まいと、いつも駐車場が満車であり行列ができていることから気になってい…

またモノが増えていく(消費税増税)

10月1日からの消費税増税を控えて、財布の紐が緩みっぱなしだ。 洗剤とか、衣服とか、「消えモノ」と呼ばれるものを中心に購入しているつもりだが、ついつい、書籍を買ってしまう。 「消えモノ」を蓄えたつもりでも、賞費期限やら、体型が変化(デブにな…

仙台上杉の景色に興味を持った

先日、仙台市中心部から北仙台への県道をたまたま通りかかって、何気に興味を持ちました。 東北大学農学部が移転し、広い跡地は、今、更地になっていたり、マンションが建設されたりしています。 なんだろう、視界が開けて、向こう側にビル群が見える。 僕的…

JOZENJI STREETJAZZ FESTIVAL 2019(29th)を観てきた

僕的は、仙台で一番の祭りだとおもっています。 宮城県内の出身ではあるものの、仙台出身者でない僕にとって、仙台という街の凄さを一番に感じられる祭りだと思っています。 今年も演奏者も観る方も老若男女おりました。 このイベントは、上手い下手も含めて…

クレジットカードを増やすかどうかで迷う

家計管理が容易になることから、僕は、できるだけクレジットカード払いをしている。 ここ1、2年、稀に「JCBは使えません」という店やら、施設に出くわす。 2、3万円現金で払うだけだから、どうってことないと思いつつも、ATMを利用する回数を増え…

「あなたの仕事実績は評価できません」と内示された

先日、タイトルのとおりのことを、役職待遇で示された。 金銭面では、充分に貰っているから、耐えている。 解雇を宣告されないだけマシなのかもしれない。 ここ4年間、僕が斡旋される職場のポジションは、いわく付きだ。 前の職場の前任者は、精神疾患で求…

大須埼灯台(宮城県石巻市雄勝町大須)に行った

8月31日(土)に宮城県石巻市雄勝町大須地区にある「大須埼灯台」に行ってきました。 僕は、灯台巡りが好きなのかどうかはわかりませんが、結構いろいろとみています。 灯台の役割から、立地はたいてい開けた場所にあり、行くと心がスカッとします。 頭の…

「Yume Wo Katare 女川」でラーメンを食べた

昨日(8月31日)、宮城県女川町のYume Wo Katare Onagawa でラーメンを食べた。 いわゆる二郎系と呼ばれるもの?で、850円?(よく覚えていない)。 なんか、僕は、意識はしていないけど、二郎系と呼ばれるラーメンを食べ歩いている感じになっている。…

「憧れのヒト」と「一緒にいたいヒト」

今日は、酒を飲んで酔っ払っています。 ふと、憧れのヒトを思い出しました。 僕は、男性なので、女性が好きなので、「憧れのヒト」も女性です。 もうかれこれ、20年前の学生時代に過ごした女性です。 その女性は、綺麗かと問われれば、普通の綺麗さで、カワ…

映画や物語には、メッセージ性が感じられないものもある?

映画を見たり、小説を読んだりして、感想を表現しようとすると、単に「面白かった」だけのことがよくある。 学校教育の影響だと思うが、映画や、物語の類には、必ずメッセージ的なものが込められているものと思い込んでいた。 製作者が意図しなくても、「気…

仙台市議会議員選挙に関しての気持ち悪さ(脱法行為か?)

先日の2019年(令和元年)8月25日に仙台市議会議員選挙が執行された。 そのなかで、とある候補者とおぼしき図画のポスター掲示が、「これって、マズいんでないの?」と思える状態で街中のいたるところに貼られ、美観を損なっているように感じられ、不…

職場の飲み会があった「和食と肉料理 仁吉庵」

数日前に職場で飲み会があった。 場所は、仙台市の歓楽街の国分町にある「和食と肉料理 仁吉庵」。 出席者は、だいたい30人。 同僚から、ここを会場にすると何かがある!と予告めいたことを囁かれていた。 前回は、職員の婚約発表という慶事だった。 そん…

お墓参りに行き、複雑な気分

昨日、お墓参りにいった。 そこに葬られている人達ちは、僕の遠い親戚にあたる方で、幼少から20歳代にかけて本当によくしてもらった。 この受けた恩に気づき感謝したいと思ったとき、つまり今現在は、お亡くなりになってしまっていた。50歳代、80歳代…

8月15日の記念日の名称について思う

8月15日は、昭和20年に昭和天皇の太平洋戦争の敗戦の詔勅があった日で、よく「終戦記念日」と表している。 なんとなく、「記念日」と表現することに違和感を覚えてしまった。 ふだんよく使う場合の「記念日」は、慶事であることが多いからだと思う。 日…

株取引に溺れた

将来の資産形成やら、NISAやら、老後年金問題やら、優待名人やら、そんなものに踊らされて、1年前から株式を購入している。 社会勉強だからという思いと、優待名人の桐谷さんの投資の方針に興味をもってしまったものだから、つい手を出してしまった。 結果…

生命保険契約を解約した

約2年前、クレジットカード会社から「がん保険」を斡旋された。 40歳代前半だったこともあり、月額1,000円未満で、5歳刻みで段階的に掛金が上昇していくというもので、解約金は無し。 「とてもお得な契約」とのふれこみで、うっかり入ってしまった…

NHKスペシャル「地獄のガダルカナル戦」を視聴して

太平洋戦争の激戦地の一つである「ガダルカナル戦」の悲劇を扱っていた。 戦いを指揮し戦死した一木清直の悲劇と、遺族の苦悩を伝えていた。 一木は責任を問われて、戦後、遺族も苦しんだようだが、どうやら、一木の責任は小さいというか、ほとんど無いよう…

エアコン清掃を自力でした

エアコン清掃を自力でしました。 6月から使い始めて、始めのころは猛烈にカビ臭かった。 7月もそのまま使っていたら、カビ臭がしなくなり、このまま夏を乗り切ろうと思っていた矢先、咳が出て風邪らしき症状になってしまった。 エアコン内に潜むカビが原因…

TV番組「ポツンと一軒家」に惹かれた

テレビ朝日系列で放送されている「ポツンと一軒家」をよく視聴している。 以前は、日テレ系の「世界の果てまでイッテQ!」だったのだけど。 子供と一緒に楽しむとなると、「イッテQ」の方が、公約数的にセレクトされると思うけど、中高年の大人だけが楽しむ…

山形美術館にて「ロマンティック・ロシア」を鑑賞

山形美術館で開催しているロシアの国立トレチャコフ美術館所蔵「ロマンティック・ロシア」を鑑賞しました。 仙台市に住んでいるから、山形美術館がある山形市は、一応、隣町です。 小旅行にはちょうど良い距離です。そして、山形美術館は、初の訪問です。 ロ…

アニメ映画「天気の子」を鑑賞して

僕は、40歳を超えた男性ですけど、前作の「君の名は。」が面白かったので、今日、「天気の子」を鑑賞した。 感想としては、40歳を超えた男性には、取っ付きにくい内容かな、といった感じか。 10歳代方々向けのような印象でした。 恋愛有のファンタジー…

頭痛 4 鍼(はり)治療を受けた

頭痛というか、後頭部の首筋から肩へにかけてのコリだ。 不快感と筋肉の緊張が僕を苦しめている。 数か月前にNHKの番組「ためしてガッテン」で首こりには、鍼が効くなんて番組を放送していたとの情報を得た。 それで鍼治療を受けてみたいと思い続けていたも…

「やります詐欺」に引っかかる

仕事での出来事。 他所属からの報告がない。 催促しているものの、もう半月経過。 「すぐに報告してください」と相手に指示したところ、 「今、とりまとめ中なので、明日には、報告します」との回答。 明日になり、報告されず。 電話にて担当に問い合わせる…

高齢臨時職員が現役世代の仕事を学ぶ機会を奪っていることについて

今の職場では、震災復旧関係によるものかどうかは不明ですが、とにかく仕事量が多いので、人事部署では過去の職歴から「即戦力」になるであろう60歳代の方々を臨時に雇っている。 しかし、職場、職場で、風土というか、伝統というか、やり方というか、ちょ…

休日なんだけど、出勤して疲れた

大型連休明けの仕事が順調にいくようにと、やり残した仕事もあることから、今日は、出勤した。 今は、決算時期ということもあり、会計業務の伝票整理に行った。 昨年もやったことだし、単に、量はあるけど足し上げれば終りだろうなんて思っていたら、大誤算…

鳴子峡へ行った(宮城県大崎市鳴子地区)

鳴子峡は、紅葉時期が見どころの景勝地です。 家で、書類整理やらして大型連休中とはいえ、忙しく過ごしているものの、息抜きがしたくなったのと、ふだん自動車を運転しないものだから、運転技能の維持を兼ねて、仙台市から宮城県の山沿い地方である大崎市鳴…

頭痛? 3

頭痛というか、首から後頭部にかけてのコリと緊張が酷い。 大型連休の始めの頃は、若干、落ち着いてきたのだけど、今、また、酷くなってきている。 独りでぼんやりしていると落ち着くんだけど、家族がやってきて、それに付き合っているだけでも少し酷くなる…

第82回 河北美術展を鑑賞した

思えば、毎年、欠かさず鑑賞しているような気がする。 絵の上手い下手はわからないし、日本画と洋画の違いもわからない。 ただ「気に入った絵に出会えないかな?」といった出会いが楽しみなのかもしれない。 残念だけど、いままでは、気に入った絵には出会て…

令和時代の幕開け

今日、「令和」元年初日である。 昭和生まれの僕は、いまだに実感がないし、「ついこないだ『平成』になったばかりでしょう?」という気分なのだ。 思えば、初めて、まともな?職を得たのは平成3年であり、本当にこないだの出来事のような気分なのである。 …

昨年まで勤めていた職場を訪問した

先日、昨年3月まで勤めていた職場を訪問した。 当時の同僚の方々は、度々、今の僕の職場を訪ねてくれて、心が和んで助かっている。 僕は、僕で、過労で体調を崩してることもあり、どうしても出歩けなかった。 そんな状態であったが、仕事の取引先の担当が急…