やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

日記・エッセーなど

東日本大震災での住宅復旧事業がデタラメ

仕事の関係で、東日本大震災の住宅復興関係の事業がおかしなことになっていると聞こえてきます。 震災関係で仕事をもらっている我が身としては、なんとなく分かる話です。 それが、ラジオで堂々とデタラメな話をしているというのだから、スゴイ。 なんでも、…

「海鮮丼(三色丼)」を食す(宮城県女川町)

昨年、仕事で知り合った東京の方から、「女川町にいったら、海鮮丼が味、ボリュームともにスゴかった!」との感想を耳にした。 そのうち、いつか食べてみたいと思いながらも、行動に移せなかった(性格的に、面倒くさがり屋だからかだろう)。 しかし、今日…

担担麺を食す(仙台駅 らーめん本竈)

仕事帰り仙台駅に立ち寄った。 東側に店舗が新しく建ったこともあり、ラーメン屋さんがふと目に入った。 そのラーメン屋さんは「らーめん本竈」というところで、ふら~っつと入店し、食べてみることにした。 僕は、いつもラーメンと言えば、味噌ラーメンを食…

雇用契約が満了か?

今、僕は、職場の同僚とは変わった労働条件で仕事をしている。 今日、上司に別室に呼ばれ、「たぶん、4月からは無い(雇用契約しない)と思うから、後の短い間、よろしくね。」と告げられた。 昨年も今の時期に呼ばれ、同様のことを告げられ、次の職場を考…

土門拳記念館に行きました(山形県酒田市)

2月3日に山形県酒田市にある土門拳記念館に行きました。 観覧者は、小雪が舞い散る天気だったこともあり、4、5人程度と少なかったけれども、展示されていた写真がとてもよかったです。 そして、いつものとおり、「なんでもっと若い時に来なかったのだろ…

洗濯用洗剤「アタック高浸透バイオジェル」が安すぎないか?

タイトルのとおりです。 ここ半年くらい前から今に至るまで花王のアタック高浸透バイオジェルが安い。 今日なんて、税込138円(1袋770g)で売っていた。 それこそ、従来は概ね200円少し超えくらいだったと思う。 その小売店が特別というわけでは…

「うしお荘」でくつろいできた(山形県鶴岡市 湯野浜温泉)

2月3日に訪れた湯野浜温泉(山形県鶴岡市)では、公共の宿「うしお荘」に泊まった。 突然行きたくなったので、ネットで探しやすくて、ハズレはなくて、たぶん安いだろうという理由だ。 結果的に、安いかどうかは、よく分からないけど、公共の宿だから「安…

湯野浜温泉に行った(山形県鶴岡市)

ちょっと、気分を一新したくて。 ふと、何気に、日本海を見たくて。 温泉につかって心を和ませたくて。 そんなわけで、仙台からほど良い距離のあるところということで、急遽、昨日、今日の1泊2日の行程で、山形県鶴岡市にある湯野浜温泉に行ってきました。…

「子どもたちの未来や安全のために」という理由は通用させてはならない

自治組織の会合で、何度も壊れて、とうとう仮撤去していた共用施設のドア(扉)を修理するか、それとも、すっかり撤去してしまおうかとの話合いが持たれた。 そこに出席した幼い子ども連れの女性が、感情たっぷりに訴える「”未来ある子どもの安全のため”に不…

「ほっき飯」を食す!(宮城亘理町あら浜)

気分を一新したい!!! ということで、 仙台から1時間半程度のドライブが楽しめる亘理町荒浜地区にある「あら浜」というお店に「ほっき飯」を食べに行きました。 おひとり様でわるいか!!! とか思いながら、特に入る店は決めずにドライブしていたら、お…

食糧や仕事関係のモノ以外は買わない生活を目指しています。

いま、僕の身の回りはモノで溢れています。 そして、自分がしてきた過去の行いを悔いていますが、別に法的にまずいことをした分けではなく、世間一般的な道徳的にまずいことをした分けでもないと思っている。 しかし、僕自身は、無知とはいえ、恥ずべき行動…

たまには、スマホの無い生活も良いものだ。

スマホの充電を忘れた。 仕方なく、通勤の電車乗車時や待ち時間は、スマホのない時間を過ごした。 いつもは、短く感じられた時間が、長く感じられ、なんとなく得した気分だったし、電車内では、ちょっとした仮眠もとれた。 スマホで、ゲームやら、ネットサー…

仕事での電話応対でミスった

電話にてお年を召した女性客から商品の問合せがあった。 出だしから、相手は喰ってかかるような話しぶりの客で、お問合せがあった商品も、 ウチでは、扱っていない商品だったので、そのことを説明し、同業他社を案内したら、 客が、キツイ声の調子で、 「な…

とにかく捨てていきます!

幼いころからテレビCMで「もったいないお化け」なんて流され、家族も吝嗇(ケチ)だったから、自分の洗脳されているような気がする。 結局は、モノで溢れてしまって、氣が削がれ、自分の本質性や、時間までの失っているように思う。 「もったいない」なんて…

「ポルノ記事」強し!

読売新聞の児童ポルノ記事について、ブログに感想を書いたら、全体として見てくれている方は少ない中で、そこだけはそれなりにアクセスがある。 やはり、太古の昔から遺伝子に受け継がれている本能に訴える部分は、抗いようがないと思う。 経験的に、媒体ポ…

婚活での悔い

婚活での過ちを悔いている。 過ぎたことなので、時間が癒してくれるかと思いきや、強烈なパンチは無くなったが、じんわりと沁みるパンチが強弱交えてやってくる。 なにが一番悔いているかというと、優柔不断であったことだろう。 いい女性なんだけれども、決…

正月早々、激しく動揺した。

正月といえば、まとまった休みと年賀状です。 このまとまった休み中に元同僚、知人からの年賀状をみると、必ず子どもの写真がある。 この子どもの写真を見て、1年間のプライベートの出来事や将来の希望なんかに想いをめぐらすとたちまち気分が沈んでしまう…

simフリーのスマホを使って思うこと

simフリーのスマホを使い始めて、早、1年半。その前は、ドコモのガラケーで、一切がっさい含めて月5,000円くらい払っていた。電話は全くと言っていいほどしてないから、100%近くiモードのパケット代だったと思う(面倒なもので、よく覚えていない)。 …

捨てる勇気! 断つ勇気! を

平成30年(2018)が明けた。 テレビCMのフレーズで「流される」のではなく、「流れをつくっていきましょう!」みたいのがあったけど、まさにそのとおりで積極さを出していきたい。 その結果、周囲からの支持が少なくても、「いつか分かってもらえる」と…

常識に「囚われずに」生きてやる。

常識ってなんだろう。 僕は、よく考えてします。 ”敬(けい)”という男がいた。 敬は、僕のことをお前は「普通ではない」とか「常識を知らない」とかよく人前で言いふらす奴でキライだった。 そんな敬は、高校のとき、万引き、カツアゲ等々やって、警察のお…

優柔不断-人に流される自分

昨日、職場の年輩の女性達から 「風邪でつらそうに見えるから病院いったら」と、 しつこく言われ、さらに「インフルエンザだったらどうするの?」とまで、強く言われた。僕自身は、熱っぽいけれども、たいしたことはなく、2、3日も普通に過ごしていれば、…

良心を捨てよ

「良心は邪魔」みたいな要素が書かれていた小説は、マーク・トウェインの「不思議な少年」だったろうか? 今日は、そんなことを考えされられる場面に遭遇した。 情に流され、何とかかんとか、やっとのことで上司にOKをもらった案件で、ユーザーが、この念書…

ブログを始めてからの3年間を振り返って

ブログを始めてから、3年間が経った。 まぁ、良く続いていると思っている。 この3年間、ぼんやり過ごしているようだったけど、いろいろあった。 まず、勤め先が変わった。 前の職場にいたとき、転勤やら、配置転換やら、何かされるだろうな?と思っていた…

日本酒を飲みすぎて反省(宮城の日本酒はうまい!)

僕は、あまり人とお酒を飲む機会はないけれど、たまたま、仕事帰りの付き合いで、一杯付き合うことになった。 そこで、日本酒を飲んだときは、なんだろう、スッキリしていてスイスイ飲めてしまう日本酒で気が付いた、3合も飲んでいた。 これは、本当に、自…

お客様に怒鳴られる(電話対応にて)

お客様から、契約についての問合せがあり、”震災被災者なんだら、配慮しろ”と言わんばかりの口調でまくしたてられた。 どうも調べてみると過去(2年以上前か?)にも同じ内容で問合せしており、根負けした職員が、できもしない色好い返事をしたらしい。 残…

仕事での会合がうまく行った!

今日は、仕事に関して外部からお客人を招いての会合の日。 職場の経営陣No2、3と、僕の直属の上司のいる前で、僕が、進行と説明を行い、なんとか、承認を得ることができた。 経営陣No2、3は、特に何の感想も残さず、さっさと自分の部屋に戻っていったが…

歯が”しみる”というか”痛い”というか

もう、3年くらい前くらいだと思うけど、歯医者にいったら、「摩耗してますよ、歯ぎしりもあるでしょう」と言われ、そのうち「しみる」みたいなことも言われた。 その時は、虫歯じゃないから、治療もしなかったけど、いまは、揚げ物や固いものを食べれなくな…

同僚との軋轢4

お客様相手の仕事で、法令に反した対応をして、お客様に実害を出しそうになった話のつづき。 僕は、もう僕自身の仕事で手一杯だから、傍観状態だけど、直接の担当は、相変わらず滅茶苦茶な対応。 お客様との応対も、とりあえずごまかしている感じ。そして、…

巧味家で味噌ラーメンを食す(宮城県大崎市鳴子)

美味しかった。 以上。 たぶん、この店だったと思う。 僕が、20歳代の頃、当時、努めて、いた福祉関係の職場の同僚と飲食した。 鬼首でのスキー帰りに、休日の楽しさの振り返りというか、まぁ、「1日の締め」というやつかなぁ。 その同僚は、もう他界して…

同僚との軋轢3

同僚が任せれている業務を処理するのに、法令違反の恐れがあると助言して、人間関係が非常に悪くなっていた。 「仕方ない」と割り切りつつ、その様子を見ていた上司から、「口出しは控えるように」との指示を受けてしまったものだから、仕方なく傍観していた…