読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒々しくグチりたい!

日々感じたことをグチります。そして自戒します。

「吃音」の新聞記事について

 読売新聞の読者投稿欄に「吃音」の記事があった。
 投稿者の辛さが分かるとともに、現在の行動の前向きさにエールを送りたい。

 僕も、苦情などの電話対応の仕事をしていたときに、言葉が出づらい症状があらわれ、本当に辛かった。
 相手の方に失礼な感じを与えるし、同僚からも奇異の目で見られるし、さらに女性の上司からは小言を言われるし。

 本当に辛かった。結局、精神的にギリギリの状態になり、その仕事を外されたときは、考課的にはマイナスではあったが、僕は、うれしく、ホッとしたものだった。

 一度、この辛さを知ってしまうと、どうしても恐怖心が先にたち、ためらいがちになってしまう。
 かと言って、休むことも難しい。

 結局は、戦うしかないんだよな。たとえ笑われても。

 
 ついでに、その女性の上司だけど、保健師の資格を有していて、保健活動もしていたらしいけど、どうも吃音の症状については、無知のようでした。それくらい、社会に理解されていない苦しみなのです。

 引き籠っていないで、訴えていくしかないんだな。