読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒々しくグチりたい!

日々感じたことをグチります。そして自戒します。

常識に捕らわれず自分勝手の方が上手くいく?

 新聞の広告蘭に北野武の著書「新しい道徳」の宣伝が掲載されていた。
 その広告内容の非常識なようでも、共感できる見出しに凄く引き付けられた。

 普段、なんとなく思っているあやしい常識を否定することが、活字として出版されれいるからだ。

 40数年間、生きてきて、「常識」を強要する人の多くは、人を操るために「常識」と言う言葉を用いて、ときには、相手を貶め、ときには金銭的な対価を与え、都合よく利用している言葉だと思う。

 金銭的対価を得て「常識」行動をするのは、雇用関係が内在するわけだから、納得できるが、相手を貶め操る意味で「常識」を持ち出されていたことに気付いたたきは、不満タラタラだ。そもそも気づいたときは、手遅れなわけで。
 まぁ、「嫌われる勇気」を持てばよかったんだと強く思う今。

 僕の知っている相手を「非常識」と言っておきながら、自分が非常識な自分勝手な人は、今、立派に社会に貢献している。そして、幸せな家庭を気づいている。
 学生時代に散々悪さをして、警察にもお世話になった輩達だが。

 でも、分かる気がする。
 人事担当や雇用する立場の人の話をきくと、受け身の人よりも、失敗を恐れず、動くことのできる人を求めているようだ。

 学生時代から教師の指示に従って、指示どおり動く人は、誰でもできることしかしない人で、人間性の魅力などの付加価値に乏しいのではないか。

 常識なんかは、胡散臭い、人を蹴落とす意識であるから、法の範囲において、例え、非常識と言われようとも、自分の信じることをしている人の方が、絶対に成功すると思う。