やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

仕事での会合がうまく行った!

 今日は、仕事に関して外部からお客人を招いての会合の日。
 職場の経営陣No2、3と、僕の直属の上司のいる前で、僕が、進行と説明を行い、なんとか、承認を得ることができた。

 経営陣No2、3は、特に何の感想も残さず、さっさと自分の部屋に戻っていったが、僕の自己評価としては、それなりに良くできた方だと思っている。
 他の同僚が同じ仕事をした場合は、きっと、もっと上手くしただろうけど、僕にとっては、これ以上はできないと思う。

 そもそも、大の苦手な業務だからだ。

 どうして苦手なのかというと、僕の中学校時代の嫌な思い出を引きずっているからだ。

 みんなの前で、発表したとき、うっかり言い間違えてしまった。本当に、たいしたことはない。
 しかし、半年もの間、よってたかって冷やかしを受けた。

 それ以来、大勢の人の前で、声を発するのが、大の苦手になった。

 いわゆるトラウマってやつだ。

 こういった嫌な思い出を引きづりながらも、克服したいという気持ちや、仕事だからという気持ちで、何とかこの手の会合や会議に携わってきた。

 今までの、若干の失敗はあったが、ギリギリ乗りえてきた。

 それと比べれば今回は、良かった方だ。

 誰が何と言おうと、良かった方なのだ。誰が、何と言おうと良かった方なのだ。

 そういったことで、今は、独り美味しく酒を飲んでいる。

 ________________________

 30歳代後半から、職場やプライベートで身近だった同年齢の方が、ちらほら他界してしまった。
 ある日突然逝った人もいる。
 いつ、僕がそうなるかわからない。本当に死が身近になってきたと感じる。

 そんな心境を抱きつつある近頃、「僕を軽く見ている人」や「悪い思いでをくれた人」とは、断絶することにした。
 といっても、もう、10年以上会ってない人もいるから、本当にただ、”心の持ち方を変えた”だけなんだけれど、結構ラクになった気がする。

 だから、同窓会で彼や彼女らが来ると分かれば行かないし、いい話があっても、あえて、必要ないと決めつけ避けている。

 重しがとれ、身軽になった。
 
 友達や、知人、さらに人脈が少ないというのも、それなりに、心地良いものだと思い始めている。

 そう、ここから、また、始まるのだ。