やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

優柔不断-人に流される自分

 昨日、職場の年輩の女性達から
「風邪でつらそうに見えるから病院いったら」と、
しつこく言われ、さらに「インフルエンザだったらどうするの?」とまで、強く言われた。

僕自身は、熱っぽいけれども、たいしたことはなく、2、3日も普通に過ごしていれば、治癒すると思っていたところで、「大丈夫、大丈夫」と返事をしていたものの、あまりにも不安をあおるものだから、医師の診察を受けた。

 医師からは、ざっくばらんに、「非常に軽い風邪だね」のような診察をされた。
 正直、自分も「やっぱりそうだろ」と思った。
 そして、医師に尋ねた「インフルエンザ」の可能性は?
 医師曰く、「症状からして、全くないと思う(笑い)。でも、不安そうなので検査しますか?」と

 事情を話したら、検査することになって、医師の見立てのとおり、インフルエンザではなかった。

ここで、医師が「これは、一種のハラスメントだよね」と感想を述べられた。


 職場の年輩女性達は、心配してくれるのは、うれしいけれども、どちらかというと、「余計なお世話」のケースが多くて、僕としては不愉快に感じつつある。
 かといって、その「余計な心配」に応えなかったら、それはそれで、悪口の対象となってしまう。

 しかし、今回のケースから学ぶことは、悪口の対象となろうと、”自分を信じて行動すべきだった”ということだと思う。
 風邪をうつされたくないいうのは、分かるけれども、当然、僕もマスクをしていたわけだし、結果的に、医療従事者でもない人間の不正確な知識による”小さなことを大げさにして不安を煽る”という行動に惑わされ、操られたことにより不機嫌になってしまっている。
 このように多人数の主張に押されて自分の意志を曲げ行動し、結果がついて来なくて、いつも後悔している(推した多人数は、たいてい知らん顔で、無責任)

 とにかく、自分を信じよう。勇気をもって。それしかないのだ。
 その結果、たとえ悪くても、受け入れることは納得してできると思う。

 (無責任な多人数の方々とは、距離を置いて付き合おう)