やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

東日本大震災での住宅復旧事業がデタラメ

 仕事の関係で、東日本大震災の住宅復興関係の事業がおかしなことになっていると聞こえてきます。
 震災関係で仕事をもらっている我が身としては、なんとなく分かる話です。

 それが、ラジオで堂々とデタラメな話をしているというのだから、スゴイ。

 なんでも、罹災の判定が「半壊」の住宅を解体すると、役所から、補助金?が2百万円くらい出るらしい!(正確なところはワカリマセン)

 「半壊」の被害程度というのは、修理すれば復旧可能で充分居住できるという内容らしいが、その状況により、どうしても解体しないと復旧できないというのもあるらしい。
 そういった、どうしても復旧には解体しないといけない家で暮らす被災者を助けるために、「半壊」住宅を解体した場合、役所から補助金?が出るものだと、僕は、勝手に認識しているし、納得していた。

 それが、どっかの住宅メーカーが、ラジオで「震災で半壊した建物を解体すれば、役所から補助金?が出るんです! 解体して家を建てるなら、今がチャンスです」みたない広告を流しているし、営業活動をしているらしい。

 震災から、もうすぐ、7年を経過しようとしているのに、だよ。

 解体の本当の理由が、震災の被災によるものなのか?7年も経過しているから、風雨や雪や台風などによる単なる老朽化によるものなのか?それとも、実は、家庭の事情だったりして! と、今となっては、本当の理由が、だんだんぼやけて、複合的な要素になってきていると思う。

 それを、震災を理由にして、役所からお金を引き出すのはどうかと思うのですよ。

 真面目に、正直に、真っ当に、支援を受けて早い時期に生活を立て直した被災者の方々は、不利益になってしまうし、そんなことを赦すのは道徳的にも問題だと思う。なんらかの制裁は必要だと感じる。

 マスコミの報道なんかを見てても思うのだけど、今だに寄り添ってばかりだけど、寄り添う時期はそろそろ終わりに近づいていて、少しずづ距離を置きながら、「自立」を促す時期に来ている思う。
 そうしないと、被災者のためにはならないように感じる。

 現状は、再建した被災者が、未再建の被災者を支援するような構図になっているように感じるし、被災程度も、再建した人の方が重かったりするような場合もよくあると、巷の話では聞くし、僕もそう感じるときがある。

 まあ、何をもって「再建」とするかは、意見があるところではありますが。





 

「嫌われる勇気 岸見一郎 古賀史健 著」を読んで

 ひと昔前に、「KY」(空気が読めない)という言葉と共に、自己よ抑制し他人を意識し、そして、同調できないヒトは、問題があるみたいな風潮が大きくあった。僕自身は、テレビの影響が大きいと思っているが。

 この「嫌われる勇気」は、他人のことなどおかまいなしに、例え嫌われようとも、自分のやりたいことを勇気を持って実行しよう!と内容なんだと思う。
 ただ、「自分がやりたいこと」といっても、他者に貢献できるものと自分が感じる必要があって、その他者の評価は無視する。といった感じ。

 とにかく、自分の人生なんだから、他者に引きずられるのではなく、自分の人生を生きましょう!そうすれば、本当に自分に合う人が友に恋人になりますよ?みたいな印象だった。

 要するに、空気なんか読まずに、本音を出していって、生きて行こうとうことだろう。(「KY」の風潮の反動のような気がする)

 本の内容には、いろいろ意見はあるものの、今の時代に求められる本だと思った。

 もっと早く、読んでおくのだった。

 はぁ、ここでも、後悔か・・・。

 まぁ、この本と出会えただけでも、”よし”とするか!

「海鮮丼(三色丼)」を食す(宮城県女川町)

 昨年、仕事で知り合った東京の方から、「女川町にいったら、海鮮丼が味、ボリュームともにスゴかった!」との感想を耳にした。
 そのうち、いつか食べてみたいと思いながらも、行動に移せなかった(性格的に、面倒くさがり屋だからかだろう)。

 しかし、今日、ふと、行動に移すなら、今しかない!と思い立った。
 やっぱり、3月に入ると、仕事の締切が集中し忙しいし、4月からは、どのような環境で仕事をしているか分からない。となると、やっぱり、「今しかない」となって実行した。

 女川町は古くから知っているところでしたが、東日本大震災で古い街並みが全て失われ、今、まさに新しい街が出来つつあるといった感じでした。ただ、土曜日の午後なのに人影が、まばらなのが少しさみしかったです。

 そんな中でも、昼食を提供する飲食店は、どこも活気がありました。
 そして、いろいろまわりましたが、どこでも概ね同じ程度の値段で海鮮料理を提供しているようでした。

 なんとなく聞いたことのある店ということで、「ニューこのり」というところで昼食をとりました。
 折角だから、地域(港町)でとれた食材を使っているということで、三色丼(1,800円程度)を注文しました。
 とても美味しかったです。(ネットで評価の高い穴子丼は、たぶん季節的だと思うが、提供されてなかった。残念)

 また、ドライブがてらに訪れ、こんどは、他の店の海鮮丼を食してみたいと思わせる地域でした。

f:id:sarly:20180217212415j:plain f:id:sarly:20180217212452j:plain

担担麺を食す(仙台駅 らーめん本竈)

 仕事帰り仙台駅に立ち寄った。
 東側に店舗が新しく建ったこともあり、ラーメン屋さんがふと目に入った。

 そのラーメン屋さんは「らーめん本竈」というところで、ふら~っつと入店し、食べてみることにした。

 僕は、いつもラーメンと言えば、味噌ラーメンを食することにしているのだけど、見つからなかった。
 そして、値段も高めの設定。

 それで、お値段が手ごろな、担担麺(税込850円)を食べることにした。

 すごく美味しかったです。特にスープが。

f:id:sarly:20180214230800j:plain

 ただ、二郎系に慣れ親しんだ自分にとっては、量が物足りなかった。

 そういった点を考慮しての評価としては(つまり、「値段に対する美味しさ」と「量」のことだけど、)、

 総じて、「普通の上」というか、「中の上」といったところか。

 とにかく、美味しかったです。

雇用契約が満了か?

 今、僕は、職場の同僚とは変わった労働条件で仕事をしている。

 今日、上司に別室に呼ばれ、「たぶん、4月からは無い(雇用契約しない)と思うから、後の短い間、よろしくね。」と告げられた。
 昨年も今の時期に呼ばれ、同様のことを告げられ、次の職場を考えていたら、結局は継続になったから、正直、今年の動向もよく分からない。

 ただ、今回は、僕の方から、「あまり継続雇用を望まない」との意志表示をしているから、たぶん、契約は無いと思っている。

 今の職場は、労働条件はとても恵まれていて、この条件を手放すのは、ためらいを感じるが、一方で、自分が必要とされているのかどうか考え込んでしまう場面が何度かあり、このままズルズルと居てよいものかどうか迷いもあった。
 また、結構、重要な局面で僕の意見や考えが退けられたのも大きかった。これらには、当然、結果責任が伴うもので、組織としては、僕の意図したこととは違った行動をしていく分けだから、その結果が悪ければ、その提案者もある程度の責任を負うものと思っている。

 僕は、悪い結果が出ると予想しており、その煽りを喰らって後始末をしたくないというのも理由の一つとしてある。
 まぁ、このあたりは、人それぞれ考えや、社会の動向などの将来的な動きの中で決まっていくものだから、本当は、どっちもどっちなんだろうけど、でも、やっぱり自分自身が嫌悪感を覚える仕事はできるだけしたくない(職を選べる身分ではないんだけど、心身的に反応が出ている)。

 そんな分けで、4月からは、どこで、何の仕事を斡旋されるのか、だんだん、不安になりつつも、もっと良い職場かもしれないと、無理矢理、プラスの考えの方向にもっていっている。
 結局は、どこにいっても、一所懸命、最善を尽くすしかないわけだけどね。



  
 

国の借金と仮想通貨

 2月9日のネットでの毎日新聞社の報道によると、国の借金が2017年末で1,085兆円で、国民一人当たり858万円とのこと。
 今回は報道されていないけど、地方公共団体や外郭団体も借金をしているハズだから、さらに借金額が上乗せされると思う。

 僕が、分らないのは、どうみても財政運営とその秩序が上手く行っているように思えないことであって、増税される消費税についても、さきの衆議院選挙結果によると借金返済に充てられないようだし、昔、景気が過熱していたバブル期ですら、借金は減っていなかったように記憶している。それどころか、景気の下支えとかいって、さらに増やして行ったと思う。

 今、日本は、少子高齢化が急速に進展していて、産業も技術も、中国をはじめとする海外が所持するようになりつつあり、今後の日本の発展、成長のペースはさらに鈍ると思う。

 そんな状況で、日本の通貨「円」は安心できるのだろうか?と、ふと思ってしまう。
 日本の政治家が財政当局の規律をないがしろにし過ぎているような気がする。

 ここは、リスク分散という考えで、外貨や仮想通貨も持っていた方が、将来のために良いのでは?との心理が芽生え、仮想通貨(ビットコイン)に注目している。

 今は、ギャンブル性が帯びてしまっている仮想通貨だけれども、国の財政政策が心もとないと、若干の損は覚悟の上でも、保有したくなる。

 そんなわけで、もう3、4年前から注視してますが、現時点では、保留だな。値動きが激しすぎる。素人には手が出せない。

 もしかしたら、今が仮想通貨の成長期なのかもしれないと、ふと感じる。
 しばらく観察したいと思っている。

土門拳記念館に行きました(山形県酒田市)

 2月3日に山形県酒田市にある土門拳記念館に行きました。
 観覧者は、小雪が舞い散る天気だったこともあり、4、5人程度と少なかったけれども、展示されていた写真がとてもよかったです。

 そして、いつものとおり、「なんでもっと若い時に来なかったのだろう!」とくやしい思いしつつ、鑑賞しました。
 やっぱり、20歳代でこれから沢山の想像物を生み出せる若い世代に見てほしいと感じました。

 写真の構図が素晴らしいのはもちろんのことで、迫力があるもののあれば、美しさや気品のある作品もあり、結構、見ごたえがありました。
 「写真は、絵画と違って、現実を切り取るものだから、作者の思いや精神が表現されにくいのでは?」と思っていましたが、
 そんなことは、全然無く、構図や、明暗ですごく表現されていると感じました。やはり、「一流は違う」と思わせるものがあります。

 また、地方や地域の当時の生活を記録した写真もあり、将来に伝える貴重な資料だと感じました。

 それから、記念館の建物自体も、お洒落で、綺麗だと思いました。

 何年後かに、また、訪れてみたいと感じる記念館でした。

 なお、ここにアップした写真は、記念館職員に口頭で了解をとって撮影したものです。
f:id:sarly:20180211231407j:plain