読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

荒々しくグチりたい!

日々感じたことをグチります。そして自戒します。

馴染みの店の閉店に驚き

 今日、宮城県利府町に買い物に行き、ついでに、ランチでもと思い、中華料理店「錦楽」に行ったら、なんと、更地になっていた。
 最初、場所、間違えたか?思ったものの、近くに銀行はあるし、間違いない。さらにスマホで調べたら、閉店とのこと。

 以前、勤務していたところで、出張の際には、よく利用していて、一人でも気軽に入れた店で、思い出もあり、味も美味しかっただけに、残念でならなかった。

 歳を重ねると、失うことが増えてきて、さみしいと思う今日この頃。

 でも、生きていく上で、捨てたり、失ったりというのは、必要なこと、その分というか、それ以上、「新たに、得ていかねば!」と思う。

今の場所で雇用延長になった

 先日、雇用先から、「現在の勤務地で1年間、延長して勤務するように」との指示があった。
 
 正直、自分の意志というか、気持ちがあやふやなまま、従うことになったし、現実的には、拒否できない。

 これまでの、自分の仕事状況を評価すると、性格にあわず、なんか不完全燃焼だったような気がする。決して、まじめに働かなかったわけではない。非常に、まじめに良くやったと思うけれども、結果が付いてこなかったように思う。

 それでも、雇用先からそれなりに評価してもらったということで、良しとしたい。

 気持ちが乗らない仕事だけど、今以上に、結果が付いて来るように頑張りたい・・・。


 

生活保護スタッフジャンパーについて

 生活保護の不正受給を防止すべく、自費で過激的表現でかつ、失礼とも受け取れる文字表現のあるスタッフジャンパーを作成して着て職務にあたっていて、いたことがマスコミから強く非難されているけど、マスコミの報道が過激すぎ。

 悪意で、不正受給しているならば、正すべきであって、そっちを放っておいて、取り締まる方のみを悪者にする報道は、嫌いです。

 福祉に携わって、直接当事者とやり取りしている行政職員は、本当に大変です。変に社会的地位の高い方々も登場するしね。

 先日のTV番組の「そこまで言って委員会」で、パネリストが支持する意見が多数だったの、うれしかった。

バラエティTV番組の桐谷広人さんについての感想

 昨日、TV番組「月曜から夜更かし」で桐谷広人さんが出演されていた。
 あの、モノであふれて身動きがとれない部屋をみて、他人ごととは思えなかった。

 僕の場合は、モノは買わないようにしていて、抑制しているものの、捨てられない性格もあって、あふれつつある。

 最近というか、以前から、なんとなく気づいていたんだけど、モノが増えると「時間を失う」ことになるというか、なっている。

 探す手間や、動線の支障になることでの時間ロスなど。

 40歳を過ぎて思うのだけど、「モノ」よりも、「時間」の方が、よっぽど大切ではないかと。

 だから、勇気をもっていらないモノを捨てないといけない。
 モッタイナイからといって、取って置くと、結局、時間を捨てることになる。

 これは、恋愛、婚活にも、あてはまるように感じる。

 適度に捨てることができる人は、幸せな結婚をしているように思えるし、仕事もできる。

 彼も、僕も、捨てる勇気が必要なんだと思う。

 株主優待券で得る物やお金もあるけど、多くの時間を失っている。モッタイナイ。

豊洲問題の100条委員会だっけ?

石原元知事の言い分に賛成だね。

小池さんは築地の代替え案を示しなよ。



アラ探しや、妬みばっかりで本当に嫌になる。

少しでいいから、将来に希望や、夢を見させてほしい。

石原さんは見させてくれたし、実行もした。

東京マラソンや、オリンピックもそうだろう!


「だからオンナはダメなんだよ」

って最後は言われそうだし、最近の僕は、そう思っている。


でもね、数年前、以前の勤務先で隣席で一緒に仕事した女性は素敵だったな。
「女性だから」とか、
「男性だから」とか、
一言もいわなかったな。
とにかく、仕事に、育児にひたむきに一所懸命だったし。

そんな彼女は、ちょっとだけ、男女問わず、人より出世している。

そういったところでは、僕も、ちょっとだけ、その職場を評価しているのかもしれない。


綺麗なように見えるんだが、本当は汚いだな。
綺麗事を言うヒトは。

青森県 下北半島 下風呂温泉に行く

 ごめんなさい、愚痴です。

 先日、まとまった休みが取れたので、青森県下北半島の下風呂温泉に行ってきました。
 約10年ぶりです。

 以前、泊まったことのあるつぼた旅館を利用しました。
 温泉はとても満足だったけど、夕食の料理が残念でした。

 料理の一品、一品は美味しかったのですけど、ご飯が出てきませんでした。
 
 ツレと、「ご飯、そろそろ、普通、出るよなぁ。おひつも無いし」とか話しながら。

 「仲居さんは、階下にいるから、いって、聞いてみようか?」なんて、会話もあったんだけど、結局、席を離れることに気が引けてしまい、そのまま。

 おかずも食べ終わり、それなりの量があったので、「ご飯が出る」とも言ってなかったし、もしかして、もともと無いのかも?なんて思いは始めて、「もういいやっ」て感じて食事を終えました。

 朝になり、ツレが仲居さんに聞いてみたら、「えっ、出ませんでしたか?」とのお返事。

 コース料理みたいなものだから、頃合いを見て、出してくれないと。それとも、案内するか、おひつにして置いておくとか。

 言わないと駄目だったのですね・・・・。いい経験になりました。

 なんか、本当に忘れらていた感じです。

 くつろぎに来たものの、何か残念でした。

 ネットでは、評価が高いのに。


 


 

バングラデシュ人質テロ事件

将来のある人の命が奪われて、なんか、悲しい。
そして、凶行を起こした若者には、「どうして?」と問いかけたい。

宗教とかによる洗脳というものは、怖いなと思う。

僕も、知らず知らず、いろんな奴から洗脳されているのだろうな。


お悔み申し上げます。