やるのは自分!荒々しくグチつつ、発展を!

日々感じたことをグチりつつ自戒します。そして希望を見つけます!

お墓参りに行き、複雑な気分

 昨日、お墓参りにいった。
 そこに葬られている人達ちは、僕の遠い親戚にあたる方で、幼少から20歳代にかけて本当によくしてもらった。
 この受けた恩に気づき感謝したいと思ったとき、つまり今現在は、お亡くなりになってしまっていた。50歳代、80歳代の方々だ。

 そこの家の方々は、50歳代の方の妻の我儘が引き金になって、借金を重ね財産を失い一家離散し、心労により病に倒れ、そして亡くなった。
 葬祭は、住まいが近くということもあり、僕の家族が執り行った。
 
 墓を守る近い縁者がいなくなり、ふと現状が気になったこともあるし、残念ながら、将来、僕の家族の墓も確実に同じ状況になってしまうことだから、余計気になってしまった。

 その家の墓を訪れたのは10数年ぶりだったから、見つけるのには若干苦労した。まわりの墓は、改装され新しい墓石になっていたけれど、その家の墓だけは、昔の古いままだった。でも、すでに花と線香が供えれており、心が和んだ。

 その墓には、我儘を言った妻も眠っている。他の家族が亡くなり最後に残された。
 働くことが嫌いというか、先天的な知的性格の問題があり働くことできない女性だった。
 残された財産を気前よく処分して、経済的に困窮すると縁者に助けを求めたものの、亡夫側の縁者は、事情を知っているものの放置できず、渋々援助していたようではあったが、結局は交流は途絶えたようだった。
 妻側の縁者、つまり両親などの血族の側は、傍から見てもっと冷たい対応を取ったようだ。「厄介者」になっていた印象を受けた。
 その後、行政の世話になり、僕が知ったときには、入院しており、そして、亡くなった。

 亡夫が生きていたころ、本人や一部の縁者は、別れることや、別れさせることも考えていたようだ。
 結局は、他の世間体を気にしたり争いごとを避けたい縁者や、「厄介者」を返されても困るというもの妻家族の都合に負けて、別れることはできなかったようだ。

 もし、別れてさえいれば、違った運命になったのだろうな、とふと思ってしまった。

 しかしながら、墓碑に一緒に刻まれ、死んでも別れられないというのも、なんかやるせないと思った。

 決断できずに、やり過ごした末路なんだろうな。


 

8月15日の記念日の名称について思う

 8月15日は、昭和20年に昭和天皇の太平洋戦争の敗戦の詔勅があった日で、よく「終戦記念日」と表している。
 なんとなく、「記念日」と表現することに違和感を覚えてしまった。

 ふだんよく使う場合の「記念日」は、慶事であることが多いからだと思う。
 日本にとって、終戦した日は、「悲しんだ日」だったろう。
 その「記念日」の意味した出来事の差が大きいから、違和を感じるのだと思う。

 僕自身、一番しっくりくるのは、やはり政府の用いている表現「戦没者を追悼し平和を祈念する日」だ。となると、略して、「戦没者追悼平和祈念日」となったりするかもしれない。

 マスコミでの使われ方にも興味を持ったので、身近なところで調べたら、読売新聞は、社説では「終戦の日」、記事では「終戦記念日各党が談話」などと、バラバラ。河北新報では「終戦記念日」だった。
 政党では、自民党が党声明として「終戦記念日」、立憲民主党が代表談話として「終戦の日」、日本共産党が書記局長談話として「終戦記念日」という表現をとっていた。

 たぶんこれらも多様性というか表現の自由というものなのか分らないが、その意味することをみんなが知っているので、良しとされている表現なんだと思う。

 ただ、問題は、この違いを突き詰めるような仕事をさせられたらたまったものではない。
 スッキリと他人に説明すること困難だ。

 そろそろ、統一した名称としてもいいのではないかと、ふと思った。
 
 

株取引に溺れた

 将来の資産形成やら、NISAやら、老後年金問題やら、優待名人やら、そんなものに踊らされて、1年前から株式を購入している。
 社会勉強だからという思いと、優待名人の桐谷さんの投資の方針に興味をもってしまったものだから、つい手を出してしまった。

 結果は、散々たるもので、いろんな株式に総額200万円投じて、現在の評価額は、170万円。30万円のマイナス。

 僕の3か月分の手取り給料が吹っ飛んだか。

 才能がないことを自覚させられているお盆休みです。

生命保険契約を解約した

 約2年前、クレジットカード会社から「がん保険」を斡旋された。
 40歳代前半だったこともあり、月額1,000円未満で、5歳刻みで段階的に掛金が上昇していくというもので、解約金は無し。
 「とてもお得な契約」とのふれこみで、うっかり入ってしまった。

 この保険の問題は、65歳以降の保険料が4千円を超えるという内容で、当然、このころには収入は無い。
 結局、本当に保険を頼りにする時期に、「一番経済的に苦しくなる」とうことなのだ。

 むしろ、今の段階では、掛金が若干高くても、65歳頃までには支払が終わり、保険期間は終身となっているものが、結果的には安心のような気がするし、経済的にも精神衛生的によいと思えてきた。
 正直、まわりで、癌に罹っていた人を何人か見てきたが、残念ながら5年以内に亡くなっている。
 そのような状況を考えると、付き合いで既に入っている保険と、公的保険、そして貯金だけで充分ではないかという気がしてきた。

 とういうか、僕が抱く、将来的な経済不安を、この保険は全くカバーしていないと判断せざるを得ず、だったら、自分で貯金した方がマシではと思えてしまった。

 そして、先日、惰性で引っ張ってきた保険をとうとう解約しました。

 自分で決断するということは、疲れるけど、スッキリしたし、後悔するかもしれないが、他人から操られるよりは良かったと思っている。

 いま、余計なものとおさらばできて、少し、心が満足している。

NHKスペシャル「地獄のガダルカナル戦」を視聴して

 太平洋戦争の激戦地の一つである「ガダルカナル戦」の悲劇を扱っていた。
 戦いを指揮し戦死した一木清直の悲劇と、遺族の苦悩を伝えていた。
 一木は責任を問われて、戦後、遺族も苦しんだようだが、どうやら、一木の責任は小さいというか、ほとんど無いように受け止められた。

 大本営の海軍と陸軍の軋轢による現場無視の作戦、そして、太平洋戦争ではよく登場する「宇垣纏」の無能ぶりが招いた悲劇なんだと思え、彼らこそが、重い責任を有していると本当に思う。

 無能な上官に使えるようになったとき、いつでも離れられる必要性を感じた。

 それにしても、おそらくこれらの「無能な将校」の責任があまり問われることなく、靖国神社なるものに祀られているのに憤りを覚える。

 昭和天皇が、靖国神社を参拝しなかったのも頷ける。

 

エアコン清掃を自力でした

 エアコン清掃を自力でしました。
 6月から使い始めて、始めのころは猛烈にカビ臭かった。
 7月もそのまま使っていたら、カビ臭がしなくなり、このまま夏を乗り切ろうと思っていた矢先、咳が出て風邪らしき症状になってしまった。
 エアコン内に潜むカビが原因ではと不安にかられ、業者に頼もうかとも思ったものの、部屋が、汚部屋である。
 とても他人様に見せたくはない。それに、スケジュール調整もちょっと難しい。

 そんなこんなで、ためらっていたら、たまたま立ち寄ったドンキホーテで、アース製薬の「エアコン洗浄スプレー」が税抜250円で売っているではないか。過去に使ったことはあるものの、あまり上手には掃除できなかった思い出がある。しかし、自分の健康のためだと、再び自力でエアコン清掃することを決意して、エアコン1台あたり1本で済むところを2本購入した。

 帰宅するなり、気持ちが萎えないうちにと、レジ袋、クリーニング袋、新聞紙、雑巾を集めて、エアコン回りを約1時間かけて養生した。
 次に、エアコンのカバーを開けて、掃除機でできるかぎりのホコリを吸い取った後、エアコン洗浄スプレーをぶっ掛けた。

 お掃除機能付のエアコンであり、この部品を取り外すと、元に戻す自身はないものだから、取り外さないまま、ぶっ掛けた。
 
 どうしても、うまく「フィン」にあたらず、洗浄水の跳ね返りもろに受けながらの作業だったから、想定どおり、1本では足りず、2本必要となった。

 2本のスプレーが終わってから、室外機の排水口を見ると、ドス黒い排水が一杯出ているではないか!
 きっとこれは「カビ」なんだろうなと思いつつ、これがエアコンから放出され、呼吸していると思うとゾッとした。

 養生と液だれのふき取りが面倒なだけで、作業自体は簡単だったけど、やっぱり、次は、業者にお願いしたい思った。

 約600円で自分でするか、約10,000円出して業者に頼むかになるけれど、素人は分解掃除ができないというハンデは大きいと感じている。

 何にせよ、良い経験になった。

 


 

 
 

TV番組「ポツンと一軒家」に惹かれた

 テレビ朝日系列で放送されている「ポツンと一軒家」をよく視聴している。
 以前は、日テレ系の「世界の果てまでイッテQ!」だったのだけど。

 子供と一緒に楽しむとなると、「イッテQ」の方が、公約数的にセレクトされると思うけど、中高年の大人だけが楽しむとなると、「ポツンと」になってしまうのだろうなと、ふと感じてしまう。

 どこ誰かが言ったのかは知らないが、「人は、夢や希望がないと生きていけない」らしいし、僕は、そう思っている。

 「ポツンと」は、夢と希望を感じさせてくれるし、まだ閉塞感のあるこの社会において、ちょっとした、気付きを与えてくれる。
 そして、「実は、もっと好きに生きていいのだよ」との多様性への理解を広めてくれていると思う。

 一方で、過疎化、核家族化、自然とのかかわり方、家畜などの動物の死によってヒトは生かせてもらっているという現実を、知ることになり、ぼんやりとではあるけれど、問題意識を感じぜずにいれなくなる。

 少子高齢化社会、人生100年時代と言われる今だからこそ、受け入れられる番組なんだろうなと思いました。